スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岳医療

またまた向井くんが好きなので、

サマーレスキュー

見てたんですが・・・


山に限らず・・・医療器材の乏しい、医療僻地


すごいところですよね


私は医療器材が豊富なところで

今は働いてますが・・・

何もないところで急変した患者さんに遭遇したとき


自分に何ができるのかって考えてしまう


しかも医者がいない、使えないとなったら・・・


恐怖ですね


以前の職場はクリニックだったので、ほぼ野戦病院状態


医療施設なのに恐怖を感じましたよ


理事長先生だけは、しっかりしていたんですが、

バイト先生たちは、

「僕は常勤じゃないから・・・」

「あの器材がないとできない」

なんて日常茶飯事だった。


じゃあ、いいです

どいてください。


何度、このセリフを言ったか・・・


そして医者から法人の方に

「あの看護師はなんだ」

とよくクレームをつけられました。


ま、複数人がバイト先生と私のやり取りを聴いている

反省すべきはどちらか


患者さんを助けたのは誰なのか


じゃあ、何もしなかったら?


そう理事長先生に言われて、

最終的には・・・来なくていいですよ


当たり前じゃないですか・・・

クリニックだから軽症者ばかりが来院、入院しているわけじゃない


そこに医療施設があったら、患者さんは来るんです


どんな状況でも助けなくちゃいけないんです


精一杯の努力をしないで、放棄するなんてもってのほか。



ただ・・・どうしようもないこともあるのは、確か


例えば、新幹線、飛行機の中・・・たまにアナウンスが

ありますよね?


AEDは今はあるけれど、そういう問題じゃない場合が多い。


そんなとき

「看護師さんなんでしょ!?なんとかしてよ!」


病院内でも言われますけどね・・・この場合は医者が

対応できるので。


なんとか・・・したいけど、何もない。

これ以上は、最短目的地に到着するまで、

救急隊に引き継ぐまでやれることをやる


私たち医療従事者がいけば、治る・・・とだけは

思わないでほしい。


精一杯の医療


今日のサマーレスキューではそれがよく描写されていたと

思います。


私、やっぱり初療が好きだな・・・



と、まじめに書いてみましたとさDASH!


*自論です。

スポンサーサイト

新しい試み

人気ブログランキング
☆人気ブログランキングへ☆

今回は、ANGELネタでなく・・・
本業ネタで

看護師の仕事ってハード なんですよね。

肉体的にも
精神的にも

慣れれば・・・ということもありますが、慣れても辛いものは
辛い

時々、メッセージでご相談いただいたりしまして・・・

そんなナースの1人として、
新人ナースさん
&卵ちゃんの看護学生さん

を対象にご相談に乗っていこうと思います

私の経歴を少々・・・

●旧国立の某看護学校を卒業
●東京の某大学病院で外科病棟勤務
(家庭事情で引越し・介護のため退職)
●個人経営のクリニックで外来勤務
 →外来、病棟、内視鏡、放射線科、訪問、老人ホームなど兼務
  看護師長代理も経験
●民間総合病院にて救急外来、内視鏡室勤務中

私自身悩んだ時期があったし、教育をする立場だったからこそ
さらにまた一スタッフに戻ったからこそ見える視点・・・そんなのが
役に立つかな

と思いました

こんな私に話してみようかな・・・そう思ったら
いつでもこちらにメールしてください


===============
◎運営HP◎

保健室forナース (準備中)

ナースの在宅ワーク☆ANGELWORK ラブレター

ナースゆずのシェアティブ活動記携帯

気になることがありましたら、いつでも連絡ください手紙
===============

今日の記事が面白かったら、ポチっとお願いします♪

人気ブログランキング 
☆人気ブログランキングへ☆ 

 
にほんブログ村 

↓アクセスアップは↓

トラフィックエクスチェンジ 

Axssy[最強アクセスアップツール] 


 

脱水 Part2

こんにちは

昨日に続き脱水ネタです

水分を取るように

とお話しましたが、取る内容も重要です

水分といっても色々ありますよね。

純粋なお水
スポーツドリンク、ジュースなど清涼飲料
炭酸飲料
アルコール飲料

これもバランスなんですね

純粋な水だけを飲み続けても、脱水状態は改善されません。
汗などで塩分(Na)が失われた状態でも脱水といいます。

スポーツドリンクは、イオンも摂取できるので身体によさそうですよね?
でも、糖分も多く含まれているものもあり、糖尿病になった例もあります。

そして、一番注意しなきゃならないのが、アルコールです

あーーー、仕事終わったーーーー
乾いた喉にサイコーーー


なんて飲み続けたらぶっ倒れます。

アルコールは、水分のうちに入りません。
アルコールは脱水反応を起こすからです。

くれぐれも水分補給でアルコールをとらないように

それでは、また明日~



脱水

人気ブログランキング☆人気ブログランキングへ☆

こんにちは[みんな:01]

最近、暑かったり、寒かったり、蒸し蒸ししたり、梅雨特有の気候ですね[みんな:02]

こんな不安定な天気だと体調を崩される方も多いのでは[みんな:03]

私も風邪っぴきですし[みんな:04]

風邪で熱が出たり、嘔吐や下痢があると脱水傾向になります[みんな:05]

ま、具合いが悪ければ病院に行くから、まだ安心。

具合いが悪くなくても脱水傾向、脱水になってしまうことがあります[みんな:06]

それは、暑さです。

暑いと汗をかく[みんな:07]

そのままにしてたら、あっちゅー間に脱水です[みんな:08]
脱水は、脳梗塞、心疾患の原因にも[みんな:10]

水分は、こまめにとってください[みんな:09]

なぜこまめに…なのか

ガブ飲みはその時ばかりの水分補給になり、余剰な水はまた外に出るだけ、長時間飲まずにいれば、同じこと

さらに、ガブ飲みにより、急激に水分量が増え、心臓に負荷がかかったりします。

おや?

飲まなくても、飲んでも心臓によくないようですよね?

要は、加減なんです。

年齢にもよりますが、一日1~1.5Lが目安。(きちんと食事を摂っている場合)尿回数は、7~8回です。

ご高齢者は、食事の他に800~1000程。喉が乾いたという認識力低下があるので、その程度はこまめにとってほしいそうです。

ご参考まで[みんな:13]

ただし、基礎疾患のある方、乳幼児は当てはまりません。特に透析、心疾患患者様は主治医の指示に従ってくださいね[みんな:12]

それではまた[みんな:13]

今日の記事が面白かったら、ポチっとお願いします♪

人気ブログランキング
 
☆人気ブログランキングへ☆
 


 
にほんブログ村
 

↓アクセスアップは↓

トラフィックエクスチェンジ
 



iPhoneからの投稿
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。